円形脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療方法について

円形脱毛症の治療については大きく、外用薬(外用ステロイド薬)による治療、内服薬による治療、PUVA療法(紫外線療法)、冷凍療法(ドライアイス療法)、接触免疫療法といったように円形脱毛症の症状や状態に合わせて様々な治療法があります。ここでは、それら円形脱毛症に関する治療法を解説していきます。

ステロイド薬

外用治療としては副腎皮質ステロイド薬の外用を行います。ステロイド薬を脱毛部位に直接注射する方法もあります。また、脱毛部分が比較的広範囲にわたる場合には無い服用のステロイド剤が使用される場合があります。

 

フロジン液

円形脱毛症の外用治療としてフロジン液(塩化カルプロニウム)が用いられることがあります。フロジン液は皮膚の血管を拡張して血流を良くする作用があり、頭皮に直接塗ることにより機能が低下している毛根の活動が活発化し脱毛の防止ならびに発毛の促進につながります。

 

PUVA療法

円形脱毛症の治療法の一つPUVA(プバ)療法とは、紫外線を用いた円形脱毛症治療法の一種です。このほか、円形脱毛症以外にもアレルギー性皮膚炎の治療などにも用いられる場合があります。

 

冷凍療法(ドライアイス療法)

冷凍療法(ドライアイス療法)とはドライアイス(または液体窒素など)を、円形脱毛症の患部にごく短い時間当てて頭皮を刺激させる治療法です。

 

接触免疫療法(局所免疫療法)

接触免疫療法とは、脱毛部分にSADBEなどの化学物質に対する接触皮膚炎を人工的に引き起こさせて免疫を変調させる円形脱毛症の治療法です。