ステロイド薬

ステロイド薬を使った円形脱毛症の治療方法

円形脱毛症の外用治療としては副腎皮質ステロイド薬の外用を行います。ステロイド薬を脱毛部位に直接注射する方法もあります。また、脱毛部分が比較的広範囲にわたる場合には無い服用のステロイド剤が使用される場合があります。

円形脱毛症におけるステロイド薬(ステロイド剤)の有効性

円形脱毛症の原因として大きな割合を占めている自己免疫系の疾患の場合、その働きを抑えるためにステロイド剤を利用するケースがあります。

特に、円形脱毛症の症状が現れた初期には、ハゲてしまった患部部分に直接塗る外用のステロイド剤が処方されるケースが多いようです。

また、比較的病巣部分が大きい場合には、内服用ステロイド薬を処方されるケースも多いようです。ただし、内服ステロイド剤は長期的な使用により胃潰瘍骨粗しょう症(骨粗鬆症)といった全身的な副作用をもたらすリスクもあるので、内服ステロイドの使用に関しては医師の処方に必ず従うようにしてください。