円形脱毛症と漢方薬


円形脱毛症.com(トップ)円形脱毛症治療>円形脱毛症と健康保険と医療費控除

円形脱毛症と健康保険と医療費控除

一般的に脱毛症というのは多くが保険診療の対象外となります。AGAや薄毛などは基本的には自然とおこるものなので治療の対象とはならないわけです。そのなかで円形脱毛症は数少ない保険診療となる脱毛症です。

なぜ健康保険の対象になるのか?

円形脱毛症は自己免疫疾患によって発生することが多く、老化などが原因でおこるものではありません。そのため、多くのケースで治療費は保険適用となります。

ただし、注意したいのは脱毛症専用のクリニックなどに行く場合です。こうした場合は自由診療扱いとなり、本来なら保険がきく治療も不適用となってしまいます。

そのため、円形脱毛症なのか、別の脱毛症なのかわからないという場合でも、まずは皮膚科で診察を受けることをおすすめします。

 

健康保険がきくとどうなる?

健康保険の適用となると治療費や薬代が3割の自己負担で治療できるようになります。継続的な治療が必要になる場合はこうした費用が少なくて済むのはうれしいですね。

 

年間に10万円以上治療がかかったら医療費控除も

円形脱毛症だけでなく、1年間にかかったすべての病気の治療費が10万円を超えた場合は医療費控除という所得税の控除を受けることができます。これはあなただけでなく、同居する(生計を一にする)家族の分も合算可能です。

医療費控除を利用すれば、一定を超えた金額が所得控除されるため、所得税や住民税などの税金が安くなります。

医療費控除については「医療費を払いすぎたら医療費控除」などが参考になるかと思います。