円形脱毛症とストレス

円形脱毛症とストレス-円形脱毛症の原因-

昔から、円形脱毛症というと「ストレスが貯まってるんじゃないの?」といわれるように、ストレスと円形脱毛症の間には大きな因果関係があるのではないか、と研修が進められています。このページでは、円形脱毛症とストレスについての因果関係について分析しています。

ストレスと円形脱毛症の関係

ストレスが原因により円形脱毛症となるという話はよく聞かれる話だと思います。これは強度のストレスがかかってくると、血管が収縮することによると言われています。血管が収縮するとその部分にある組織が死んでしまいます。この現象が頭皮に対して影響を与えるのではないかといわれています。

一般的にはストレスが原因となる円形脱毛症の場合、強度のストレス負荷がかかった3ヵ月後くらいに円形脱毛症の症状が現れることが多いそうです。

ストレスによる円形脱毛症の症状が現れる人は比較的神経質な人が多いといわれています。物事を深く考えすぎることによりストレスを溜め込んでしまいやすい人ほど円形脱毛症となるリスクが高いといわれます。
ストレスを感じたら運動をしたりして適度なストレスの発散をしましょう。

 

円形脱毛症によるストレス

円形脱毛症の症状が出てくるとほとんどの人は脱毛症を生じたことによるストレスを感じてしまうでしょう。特に、思春期を迎えている子供や、女性にとって自分の髪が抜けてハゲとなった部分があるということは強い精神的なストレスにつながりやすいものです。

こうした時、この円形脱毛症になってしまったことによるストレスが円形脱毛症をさらに進行させてしまうという悪循環に陥るケースが多いようです。円形脱毛症の症状を出した人がいる家族や両親は本人に対して大きなストレスを与えないように接するのが大切です。円形脱毛症は治療可能な病気ですので、早めに専門医に相談するなどして進行を食い止めましょう。

どうしてもハゲてしまった部分が気になる場合にはウィッグやカツラなどを利用して精神的なストレスを軽減させるのも一つの手段です。