女性の円形脱毛症

女性の円形脱毛症について

女性は円形脱毛症になりやすい、という話がでることがありますが決してそういったわけではありません。子供を出産すると円形脱毛症になるリスクが高い、といわれることがありますが、これは女性が妊娠すると黄体ホルモンの分泌が活発化することによりヘアサイクルが一時的に変化し脱毛するというケースがありますが、これは一時的なものです。しかしながら、女性は円形脱毛症にならないというわけではありません。育児やご近所づきあいなどで多くのストレスをためてしまうことにより円形脱毛症になってしまう方もいます。

女性の円形脱毛症の原因

女性の脱毛症の多くは円形脱毛症ではありません。前述の通り子供の出産などでホルモンバランスが崩れるときに、同時にヘアサイクルが一時的に狂ってしまい脱毛してしまうというケースがあります。

女性が円形脱毛症となる原因は、完全に解明されたわけではありませんが、多くの場合はストレスであると言われています。

 

女性の円形脱毛症に対する対応

女性にとって髪は命という言葉もあります。女性の髪が円形脱毛症により大量に抜け落ちるということは大変なショックではないでしょうか?治療できなかったら、もっとハゲが広がってしまったら、とどうしてもネガティブに思考が向かってしまいがちです。

しかし、円形脱毛症の原因であるストレスに加えて、円形脱毛症となったことにより新たなストレスが生まれ、治療が遅くなってしまうという例も聞かれます。

円形脱毛症は治療可能な病気です。円形脱毛症の症状が出てきたら、まずは当該部分をウィッグやカツラなどでカバーして、専門医の診察を受けながら治療の方に専念しましょう。

 

用語解説
当ページで用いられれた医学的な用語などを解説します。用語解説のリンク先は「医学用語辞典」を参照しています。

黄体ホルモン(おうたいほるもん)
プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、黄体(排卵後の卵胞)から分泌される女性ホルモンのこと。子宮内膜の増殖を促進し、子宮内に受精卵が着床しやすい環境を作る働きがある。また、妊娠時には、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌される。