髪に関する基礎知識

髪に関する基礎知識について

円形脱毛症についての知識を得るにあたっては髪の毛に関する基本的な知識を身につけておくと理解が早くなります。髪に関する基礎知識では、髪の毛の構造は発毛のプロセスや脱毛のプロセスなどを解説していきます。

髪の毛の構造

髪の毛の構造はおよそ三つの層で構成されています。中心は毛髄質、髪の毛の内部は毛皮質(コルテックス)、髪の毛の外側が毛表皮(キューティクル)の3種類です。これらの要素により、髪の毛の色や質を決定する重要な部分となる。

 

髪の毛が伸びる速さ

髪の毛が伸びる速さにはある程度の個人差があります。一般的には、1日あたり0.25mm〜0.35mmと言われています。つまり、1ヶ月あたり0.75cm〜1cm程度髪の毛が伸びるということになります。

 

加齢と髪の太さ

人間は年をとるにつれて髪の太さが細くなってきます(おおむね20歳を越えたあたりから)。これは老化現象に一つですので、髪が細くなることを完全にとめることはできません。ですが、対策を行うことによりそのスピードを遅らせることは可能です。

 

髪の毛の発毛から脱毛まで(ヘアサイクル)

人間の寿命に一生ががあるように髪の毛にも一生があります。この髪の毛の誕生(発毛)から死亡(脱毛)までの一連の流れをヘアサイクルとよびます。