加齢と髪の太さ

加齢と髪の太さについて

人間は年をとるにつれて髪の太さが細くなってきます(おおむね20歳を越えたあたりから)。これは老化現象に一つですので、髪が細くなることを完全にとめることはできません。ですが、対策を行うことによりそのスピードを遅らせることは可能です。

髪の毛の太さを保つ方法

男性の場合で髪の毛が最も太い時期は15歳〜20歳程度と言われています。これを過ぎると加齢と共に髪の毛は次第に細くなっていきます。実際に髪の毛が細くなるという加齢現象をとめることはできませんが、ある程度遅らせることは可能です。

それは、頭皮を常に清潔に保つということです。髪の毛が不潔なことが髪を細くする原因というわけではありませんが、頭皮を清潔に保つには頭皮をしっかりと洗う(=頭皮のマッサージなどを行う)ということにつながり、頭皮の血行が良くなり髪が健康に保たれるということにつながるのでしょう。