男性型脱毛症

男性型脱毛症について

男性における脱毛症(ハゲ)のほとんどはこの男性型脱毛症といわれています。AGA、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれます。遺伝的要素や環境的要素があるとされていますが、男性型脱毛症の原因としてはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく係っている脱毛症といわれます。

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれる進行性の脱毛症の一種です。男性における脱毛症の大部分を占めているといわれています。男性型脱毛症(AGA)の原因としては様々なものが挙げられていますが、リスクとして研究されているのが、男性ホルモン「テストステロン(ジヒドロテストステロン)」にあるといわれています。
この男性ホルモン「テストステロン」が毛根にある「毛母細胞」に入ると、毛母細胞はその活動を停止し髪の毛を生やす細胞の分裂をやめてしまいます。

このため、通常数年という年月をかけて太く成長する髪の毛が十分に成長することができず、抜け落ちてしまい、地肌が露出するようになります。

このほか、男性型脱毛症の原因としては遺伝的要素や生活習慣も大きく関係しているといわれています。

 

男性型脱毛症を予防・改善する方法

男性型脱毛症は前述の通り「進行性」の脱毛症です。この男性型脱毛症は病気ではないため、明確な治療法はありませんが、進行を予防・改善することは可能です。

男性型脱毛症が進行している方の頭皮は比較的皮脂が詰まっているケースが多くあります。この過剰な皮脂の分泌が脱毛を促進するリスクがありますので、しっかりと頭皮を清潔に保ち髪の毛が生えやすい環境を整えることが重要です。
>>育毛剤比較ランキング

 

男性型脱毛症の診断-AGAチェック-

男性型脱毛症の診断において「AGAチェック」という方法があります。男性型脱毛症の原因とされているホルモンは毛乳頭細胞のX染色体の上にあるARに対して作用して症状を発生させることがわかっています。
このAGAチェックとは毛入党細胞におけるcagリピートという構造を検査するもので、cgiリピートが長い場合は「男性型脱毛症のリスクは低い(改善の余地が大きい・男性型脱毛症を発症するリスクが低い)」と診断することができます。