分娩後脱毛症

分娩後脱毛症について

分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)とは、妊娠後期〜出産期にかけて、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一種が増加することに伴いホルモンバランスが崩れ、一時的にヘアサイクルが乱れることによる脱毛症です。この脱毛症は女性の円形脱毛症と間違えられやすいのですが、基本的に出産が終わり数ヶ月するころには回復します。

分娩後脱毛症とは

分娩後脱毛症とは、女性が妊娠した際、黄体ホルモン(女性ホルモン)の分泌による髪のヘアサイクルが乱れることに起因する脱毛症の一種。何らかの病気のように聞こえるかもしれませんが、あくまでも一時的な症状で、大きくハゲてしまうほどの症状がでるのはごく稀です。

原則として出産を期に回復に向かい6ヶ月ほどの期間を経れば、健全なヘアサイクルに戻りますので、過剰な抜け毛症状は治まります。また、発症には個人差もあり、大きく症状が現れる方と、ほとんど症状が出ない人もいます。

分娩後脱毛症は特に、病気というわけではありませんので、特別な治療等は不要です。