円形脱毛症と似ている脱毛症

円形脱毛症と似ている脱毛症について

円形脱毛症の診断において、円形脱毛症と間違えやすい脱毛症があります。「トリコチロマニー(トリコチロマニア)」と呼ばれる脱毛症の一種で、日本語では「抜毛癖」と呼ばれます。痛みがないことから円形脱毛症と勘違いしやすい脱毛症の一種です。

トリコチロマニアとは

トリコチロマニアとは、抜毛癖と呼ばれるように、自分自身で気づかないうちに自分の髪の毛を抜いてしまう脱毛症です。これは、例えると爪を噛むクセのようなもので、精神的な側面が強いと言われており、特に小学生くらいの子供や女性に見られる症状です。

原則として、トリコチロマニアは自分自身で髪の毛を抜くクセのようなものですので、髪の毛を抜くことをやめさせればほとんどの場合自然治癒します。

主に精神的なストレスが原因となっていますのでストレスや不安を取り除いてあげるよう家族全員でサポートする体制が必要です。トリコチロマニアの専門医はまだ日本国内には少ないのですが、治癒しない場合は精神科の医師などに相談してみるのもよいでしょう。